製品流通に欠かせない物流倉庫と契約をしよう

倉庫

物流倉庫を借りよう

製品を全国に流通させるには、十分に保管できる倉庫を作っておくことが大切です。しっかりとしたサポートをしてくれる物流倉庫と契約しましょう。契約の際には事前に打ち合わせをします。分からないことがあればどんどん質問しておくべきです。

商品の在庫状況を確認する

運用が開始されたら、出荷状況を常に確認しておきたいので、確認システムの使い方を把握しておくべきです。物流倉庫では確認しやすいようなサービスを提供しています。ウェブでチェックできるので、倉庫が遠くても安心です。

定期的な打ち合わせに参加しよう

契約当初の内容から少し付け加えたいサービスがあるなら、定例会で物流倉庫の担当者と相談しましょう。任せっぱなしにするのではなく、定期的にこういった機会を設けておくことで、より良い利用をすることができます。もちろん、定例会以外でも相談することは可能です。

トランクルームも活用できる

物流倉庫が必要ないという企業は多いですが、物を保管しておく場所がオフィスにないと困っているところがほとんどです。トランクルームは企業が借りられるところもあるので、保管を任せられるところを知っておくと便利です。

こんなトランクルームに任せたい!条件一覧

  • 1類倉庫の営業免許を有している
  • 倉庫業法の基準を満たしている
  • 国土交通大臣の認可を受けている
  • 定温性能がある
  • 湿度が一定に保たれている
  • 防塵措置が施されている
  • 防虫の機能がある
  • 入口に磁気センサーを設けている
  • 優良トランクルームのマークを取得している

優良トランクルームとは

優良なトランクルームを提供している業者は優良トランクルームの認定を受けています。これは国土交通省が認定しているものです。窓口やホームページでチェックできますので、検討する際の材料にしましょう。

サービスは知っておくことが大事

製品を扱っていない企業であっても、倉庫のような便利なサービスのことは知っておくべきです。トランクルームから会議室まで、なんでも貸し出してくれる業者があります。大変便利なので、業務をスムーズにするためにも情報を集めておきましょう。企業を支えるサービスは、多岐に渡ります。トランクルームや会議室のように場所を貸してくれるサービスもあれば、業務効率化に役立つシステムを導入したり、オフィス備品を通販で販売しているサイトもあれば貸し出しを行っているサービスも存在します。サービスは知らなければ意味がないので、情報を集めた上で自社に必要なものを吟味して活用しましょう。

名古屋の貸し会議室を利用しよう

オフィス移転を業者に依頼

広告募集中